トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月曜日)

神田(淡路町)の不思議

1030_1珈琲が好きだから、頻繁に豆を買いに行く。
最近ハマっているのが「その場で焙煎してくれる」珈琲豆屋の『やなか珈琲店』。
http://www.yanaka-coffeeten.com/

今週はやなか珈琲店の神田店に豆を買いに行った。
そこは、地下鉄:丸の内線でいうと「淡路町」、都営新宿線でいうと「小川町」が重なる交差点。靖国通りと外堀通りの交差点。地下鉄から地上に出ると…

北にこの地では新参者の「タリーズ」、
東に全席禁煙の「スターバックス」、
南にずっと前からこの地にあった「ドトール」、
西にサラリーマンの地下のオアシス?「ルノアール」
と…珈琲チェーン店が目白押し。

よくもこんな四方にきっちりと珈琲ショップが並んでも経営が成り立っているのもだと、ここに来るたび疑問に思う。大手珈琲ショップチェーンってちゃんと、リサーチしてから店をOPENしているんだと思うけれど…この地ってそんなに珈琲飲む人が多いかな?

う〜ん、疑問だ。
ここは、平日の昼間にサラリーマンしかいないとこじゃん…。土日は神保町やお茶の水のスキーショップから流れてきた客しかいないような…気もするんだけど…。ターゲットはサラリーマンのみってこと?

そういや、JR神田駅のホームから180℃見渡せば、消費者金融会社の看板ばかりだったなぁ…。

もしかして…神田って同業者が集って商売したくなる地なのかしら?

不思議だわ…神田って

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月26日 (木曜日)

干し椎茸汁は保存がきくよ〜ん

1029
「今日は煮物するわっ!」と心に決めた朝は、写真のように瓶の中に『干し椎茸』をいれ、冷蔵庫に入れて会社に行く。

これだと、もどる時間を待たなくてもいいので「なんていいアイデア★なのかしら〜!」と知人に「いいアイデアでしょ?!」と勧めてみたら…間髪入れず、知人は
「腐りそう」と、一言。
「…無言(私)…」
「だって〜椎茸ってェ〜菌だらけじゃん!」
「……それもそうねぇ…(私)」

と、いう事件があってからというもの、干し椎茸を水に漬けっぱなしにしないようになった。

しかし、先日、家の料理本を見ていたら…
干ししいたけに含まれている成分、レンチオニンは微生物を繁殖させない力を持っているから、しいたけのつけ水は1〜2日くらいとっておいても大丈夫。
と書いてある記事を発見!

これ以来、私はまた、瓶に干し椎茸を漬けて出掛けている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水曜日)

先端恐怖症は本の角も恐い!恐いの!

1025_1
私は先端恐怖症だ。
なにか尖ったものが私の目に向かっているのが耐えられない。会議とかでも前の席の人のボールペンの先が私の方を向いていることに気がついただけでもイヤになる。年々この恐怖症がひどくなる今日この頃…
あろうことか…
本日、朝の満員電車の中で私の目の前に立った男は私の目に『本の角』を向けて真剣に本を読むではないかっ!
あと10cm電車が揺れてしまえば私は失明になりかねない距離である。
脂汗がジトジト流れてきて、いてもたってもいられなくなってきた。

-----↓ココから心の葛藤----

このやろう!私をこんな恐怖に怯えさせて読むような内容の本読んでいるのかよっ!
題名を見せてみろ!…………と、勇気を振り絞って見てみたら…、
ブックカバーもかけずに読んでいる!
えっ!『成りあがり/矢沢永吉』って…オイオイ…、
そんな満員電車で無神経に本を開いて読むような鈍い人は、いくらそんな本を読んでも「成あがれ」はしないと思うよ。
上に登っていく人っていうのはある程度、自分を客観視できて、ネガティブになり過ぎない程度の神経の細やかな人じゃないと他人はついてこないと思うよ。
この人大丈夫かな〜?
-------------------------

と、私が恐怖と心の葛藤と、叫びと、おせっかいが入り乱れた複雑な瞬間、電車は止まり…
ヤツは平然と電車を降りて改札口に向かって行った…。

たぶん、あの男は、今、こうして、電車でたまたま前に立った女が、今も怒って、怯えて、そして行く末を心配して、複雑な気持ちを抱えたままモヤモヤと…わざわざblogにまで書いているな〜んて、こ・れ・っ・ぽ・ちも気がつかないんだろうなぁ〜
と、思うと…なんかまた腹が立ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火曜日)

行きも帰りも…すれ違う

今日、残業して家に帰る途中…
毎朝、電車の乗り換え駅のホームですれ違う人に帰りも会ってびっくりしました。
春夏秋冬毎日、暑い日も、くるぶしくらいまでのロングスカートをはいている女性なので、私は勝手に『ロンスカ』と名付けて呼んでいます。

なんか…いつも朝会う人と夜に会うと…
髪の毛をバッサリ切った直後のような…
慣れないような…
くすぐったいような…
なんか変な感じです。

『ロンスカ』さんとなんか縁があるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月曜日)

創意工夫溢れるパスネット製BOX

創意工夫溢れるパスネット製BOX

とある都営の駅の改札機の上の箱。いらない切符を捨てる箱。
すべて使用済みのパスネットでできていました。
ここまでやれば、あっぱれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人と老犬(ある日のできごと4コマ)


1023_1
会社の近所でときどき見かける『老人と老犬』。
まわりと別次元のようにゆっ〜くぅ〜りぃとした時間を送りつつ散歩している二人(?)を見るたび「なんかいいなぁ〜」と思っていたのだが…
先日こんな光景を見てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土曜日)

ブロッコリーのスープ

1021最近買ったミルサーで作ってみたブロッコリーのスープ。

単に、茹でたブロッコリーと牛乳と塩少々をミキサーしただけのもの。
濾していないので舌触りは滑らかではないけれど…
生クリームを入れていないけれど…美味しくできた。

う〜ん満足満足♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金曜日)

草津もち

草津もち

本日のおみや。営業さんのお土産です。

群馬県草津温泉の草津もち。あの
♪草津〜よいとこ〜一度は〜おいで〜♪の草津です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木曜日)

お面つきの御菓子

1019
九州出身の会社の人にもらった博多土産。

私の目に劣らない「ものすごいタレ目」のお面がついている御菓子「二○加煎餅(にわかせんべい)」。
煎餅自身にもいろんな「タレ目」の顔(ウィンクしているのもあった)の焼き印(?)されていてかなり楽しめる。ほのかな甘さの、なんか懐かしい味の煎餅でした。

二○加煎餅→http://www.asahi-net.or.jp/~wh3r-hrt/niwaka/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水曜日)

全部食べられるじゃないか!ブロッコリー

7c1ac19f
ブロッコリーって
高いくせに…上の部分だけしか食べられない…なんだか割が合わない野菜だなぁと、ずっと思っていた。(だいたい一房¥150〜250)

しょせん、サラダの飾りやシチューの彩りにしか使えないのに「この価格」「この分量」などとスーパーでみかけるたびに思っていた。

だから、買わなかった。

でも、最近、料理番組で茎の部分を細切り炒めしていたのを見てから買っている。豚肉とブロッコリーの細切り炒めは、シャキシャキとした触感も楽しめておいしい。

う〜ん、ブロッコリー!全部食べられるじゃないか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火曜日)

ペパーミントグリーンのおじいさん

1018_2
通勤路で時々見かけるおじいさん。
いつ見てもおしゃれだから、自転車で追い越す際、思わず振り返って「ピーコのファッションチェック」のような目つきで見てしまう。

今日はいつものハンチング帽にな・ん・と、ペパーミントグリーンのコンバースでイキでした。

こうして、服装チェックをしてしまうけれど…
こんなお洒落をしていつもどこに行くのか?会社に行っているのか?でも、結構なお年だし…などなど、いったいどんな人なんだろうか?と、興味をそそられる謎のおじいさんでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月曜日)

茶系のひと

1016_1
朝の満員電車に乗る瞬間、「体の大きな男性」と「茶系にこだわったような服装の女性」の近くに立つことを避ける。
何故って…?

今までの経験上、この両者の近くにいて不愉快なおもいをさせられることが多いから。

大きな男性の場合は、視界が狭まって息ができないから…朝から不愉快。
茶系の女性の場合は、満員電車の中でちょっと肩と肩が触れただけでもこの世のものとは思えない顔で睨むから…朝から不愉快。そんな顔で睨むくらいなら満員の急行電車乗るなよ〜!普通電車に乗ればいいじゃん!と、怒らなくてもいいことでイライラさせられる。
今朝、こんな茶系に睨まれちゃいました.。

私、個人的には、茶色を着込む人は片寄った神経質な人だと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金曜日)

13日の金曜日&大安吉日

1013_1
今日は13日の金曜日で大安吉日という不思議な日。
キリスト教の悪夢が強いか?仏教のめでたい日が強いか?

そんな10月13日(金)の朝の私、起き上がった瞬間から左肩に激痛が走った。いつものように、伸びた前髪を頭振って除けようとしようものなら痛みが全力疾走する。

こんな経験は全く初めてなことだったから軽〜く「たぶん、昼食頃には直るだろう」と思って外出してみたけれど…ずっと痛いまま。

がまんできず…意を決して、前々から気になっていた京王百貨店の8階のリフレピアでマッサージをしてもらうことにした。
http://info.keionet.com/rifurepia/smooth/smooth.html
プレーンなマッサージ20分と眼精疲労のマッサージ10分=合計30分全身をマッサージしてもらった。

『眼性疲労マッサージ』をしたせいか?マッサージ後、目の周りの血の気が早く1、2時間ボーッと地に足が着かないような浮遊いているような感じで気分が良かった。


マッサージっていいっすね!また、疲れたら行ってみよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水曜日)

大江戸線六本木駅の階段を数える

1011_1

今日、楽天の店舗講習会のため、六本木ヒルズに行った。

六本木に行く時に使う大江戸線。
このホームの深さにはいつもドキドキさせられる。

だって…『こんなに深いと地震がきて…崩れたら…地上に出られないだろうなぁ…遺体も埋まったまま白骨化かな?』とついつい考えてしまうから。
(ネガティブな想像力だなぁ〜)

前回来た時は、あまりの深さに「いつになったら外に出られるんだっ!?おいっ!」と辟易したが…
今回は階段の段数を数えて地上を目指した。

ホームから地上まで合計202段。

内訳:
ホームから29段 + 51段 + さらに27段登って大江戸線の改札口 + 4段上がり + 15段 + さらに39段 登って日比谷線の改札口 + そして最後に37段 登って地上にでた。


ふぅ、これじゃモグラも住めないねぇ…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »